旅する沖縄6月の過ごし方ガイド(気候、服装、旬の物)旅行前に知っておきたいこと!

梅雨の晴れ間を狙って沖縄に足を運ぶと、夏の訪れを感じさせる瑞々しい自然に出会えます。

6月の沖縄は、本格的な夏シーズンをみんなで心待ちにしている時期。

それを先取りして、熱帯の魅力を存分に味わいましょう。

まず外せないのが海!シュノーケリングなら気軽に沖縄のきれいな海を体験できます。

サンゴ礁の間を泳ぐカラフルな熱帯魚の群れ、ウミガメやマンタに出くわせるチャンスも。家族連れでも安心して参加できる人気のアクティビティです。

海に入るのが苦手な方には、シーカヤックをおすすめします。

のんびりとしたペースで蔵浅い海を漂い、エメラルドグリーンの海を眺めるひとときはまさに極楽。

シーカヤックならスピード系のマリンスポーツが苦手な人でも気軽に楽しめます。

マリンスポーツに加えて、6月は沖縄の伝統文化にも触れられるチャンス。本島や離島で開催される「ハーリー」という祭りには、民族衣装で歌い踊る人々の姿を間近で見ることができます。

6月の沖縄はまだ湿度が高くムシムシする日もありますが、梅雨の晴れ間で夏の訪れを実感できるでしょう。熱帯ならではの魅力をいち早く満喫する旅を過ごしてみてはいかがでしょうか。

沖縄 ビーチ特集!本島33ビーチを徹底紹介!

6月の気候と服装

天気と気候

6月の沖縄は、年間で最も湿度が高く、降水量が多い月です。

天候は不安定で、晴れ間が見えたかと思えば突然のスコールがあることも珍しくありません。

特に中旬には降水量が増加し、1日中ジメジメとした天気が続くことがあります。しかし、月末には梅雨が明け、夏の暑さとともに晴れの日が多くなります。

梅雨入りや梅雨明けの目安はこちらに詳しく書いてあります。

体感気候とおすすめの服装

男性の服装

梅雨の時期には、速乾性の高いTシャツやポロシャツがおすすめです。

屋外での活動時には、UVカット機能付きの長袖シャツを羽織ることで、日焼け対策もできます。また、室内での冷房対策として、薄手のカーディガンやパーカーを携帯すると良いでしょう。

女性の服装

蒸し暑さを避けるため、通気性の良いワンピースや、ゆったりとしたブラウスが適しています。

強い日差しに備えて帽子やサングラス、UVカット加工されたストールを持参すると便利です。冷房が効いた場所に長時間いる場合は、羽織りものも忘れずに。

子供の服装

子供は特に日差しや虫に注意が必要です。UVカット加工されたTシャツや帽子、薄手のロングパンツが適しています。屋外での活動が多いため、汚れても良い着替えの準備をしておくと安心です。

6月の沖縄を楽しむコツ

6月の沖縄は、美しい海や豊かな文化を楽しむ絶好の機会を提供しますが、梅雨の影響で天気が不安定になることもあります。

そんな時期に沖縄を訪れる際には、以下のような計画を立てることで、雨にも負けず楽しむことができます。

屋外アクティビティ: 晴れた日の選択肢

晴れ間を利用して、沖縄の自然を満喫しましょう。梅雨の合間の晴れた日は、以下のようなアクティビティがおすすめです:

  1. シュノーケリング: 沖縄の海は透明度が高く、珊瑚礁やカラフルな熱帯魚を観察できる最適な場所です。有名なスポットには、真栄田岬や石垣島の川平湾などがあります。
  2. シーカヤック: 静かな海を漕ぎながらのんびりと景色を楽しむことができるシーカヤックは、ファミリーやカップルにも人気です。特に西表島や宮古島周辺では美しい海岸線を楽しめます。
  3. ビーチアクティビティ: 沖縄のビーチは白い砂とエメラルドグリーンの海が魅力。サンセットビーチやマエダフラットなど、日光浴やビーチバレーを楽しむにはうってつけです。

屋内アクティビティ: 雨の日の楽しみ方

雨が降る日も、沖縄の文化や歴史を深く知ることができる多くの選択肢があります:

  1. 博物館・美術館の訪問: 沖縄県立博物館や琉球王国の歴史を学べる首里城公園など、雨の日でも楽しめる知的な場所が豊富にあります。
  2. 伝統工芸体験: 沖縄の伝統的な工芸品作りを体験できる工房が多く、首里織物や琉球ガラスの作成体験は観光の思い出にもなります。
  3. 琉球音楽のライブ体験: 沖縄の伝統音楽である三線のライブを聴きながら、地元の食事を楽しむことができるライブハウスやレストランは雨の日にぴったりです。

地元のイベントに参加する

梅雨時期でも開催される地元のイベントやフェスティバルに参加することで、沖縄の文化をより深く感じることができます。

6月には多くの地域でハーリー(伝統的な競漕)が行われ、地元の人々との交流も楽しむことができます。

雨の日でも楽しめるスポットを事前にリストアップしておくことで、天気に左右されずに沖縄旅行を満喫できるでしょう。

沖縄の6月はやっぱり梅雨!?

沖縄の6月といえば、「梅雨」という言葉が真っ先に浮かぶかもしれません。本州の梅雨とは異なり、沖縄の梅雨は5月中旬に始まり、6月中旬から下旬にかけて明けることが多いです。

この時期の沖縄は、時折激しい雨が降ることが特徴的で、一日のうちに晴れ間と雨が交互に訪れることも少なくありません。

しかし、梅雨の中でも晴れ間は十分にあり、その時に咲く花や生き生きとした緑は、訪れる人々にとって非常に美しい景観を提供します。

梅雨入りは、平年であれば5月10日ごろとされていますが、年によっては少し前後します。

気象庁のデータによると、梅雨入りの宣言がされると、一般に1ヶ月半ほど雨が続くことが多いです。そして、梅雨明けは通常6月の下旬頃。

しかし、年によっては7月に入ってから梅雨明けとなることもあります。特に近年では気候変動の影響を受け、その傾向が強まっているようです。

雨の日でも沖縄を120%楽しめるスポットはこちら

「月桃の花が咲く頃、梅雨入りする」なんてことも言われています。

沖縄の梅雨明けっていつごろ?

沖縄の梅雨明けは、日本の他の地域に比べて非常に早いですが、その正確な日にちは年によって異なります。

平年では6月21日頃に梅雨が明けるとされていますが、これはあくまで長期的な平均値です。過去のデータを見ると、最も早かった年では6月上旬に梅雨が明けることもありますし、遅い年では7月初旬まで梅雨が続くこともあります。

沖縄では、慰霊の日の6月23日頃に梅雨明けすることが定番です。

梅雨明け直後の沖縄は、一気に夏の暑さが訪れ、日差しが強くなります。

この時期は海も美しく、シュノーケリングやダイビングなどのマリンアクティビティが最高の条件となります。また、梅雨明けを迎えた沖縄の海は、透明度も格段に上がり、海中の生き物たちも活発に動き出します。

梅雨の期間中は室内でのアクティビティや文化体験、地元の食文化を楽しむと良いでしょう。

そして梅雨が明けたら、沖縄の自然を存分に楽しむ計画を立ててみてはいかがでしょうか。沖縄旅行を計画する際は、梅雨の動向をチェックしながら、臨機応変にプランを立てることが重要です。沖縄の梅雨明けは、夏の楽しみが始まるサイン。

しっかりと準備をして、沖縄の夏を全力で楽しんでください。

梅雨明けについて詳しいことはこちらからどうぞ

6月の主な沖縄のイベント情報

沖縄は、年間を通してさまざまな文化イベントが行われ、特に6月は地域の伝統と海を祝う行事が目白押しです。2024年6月に沖縄で開催される主なイベントの紹介です。

洞ガマ窟 – 沖縄慰霊の日公演

  • 日時: 2024年6月18日(火)から27日(木)
  • 場所: ひめゆりピースホール
  • 内容: 洞ガマ窟は、沖縄慰霊の日を含む期間中、全14回にわたり平和を願う劇が上演されます。この劇は、戦争の悲劇を忘れずに未来に平和のメッセージを伝えることを目的としています。

石垣島ハーリー(海神祭)

  • 日時: 2024年6月9日
  • 場所: 石垣島
  • 内容: 石垣島ハーリーは、航海の安全と豊漁を願う伝統的な祭りです。サバニ船や爬竜船による船漕ぎ競い合いが行われ、地元の人々だけでなく観光客にも人気のイベントです。

糸満ハーレー

  • 日時: 2024年6月9日
  • 場所: 糸満市
  • 内容: 糸満ハーレーは、海の恵みと航海の安全を感謝し祈る伝統行事です。大漁旗が飾られ、地域全体で豊かな漁を願います。糸満市の文化に根ざした行事として、多くの地元住民や観光客が参加します。

恩納村ハーリー

  • 日時: 2024年6月9日
  • 場所: 前兼久漁港、恩納村
  • 内容: 旧暦の5月4日に相当する日に恩納村で行われる爬龍船競漕は、豊漁と航海安全を祈願する100年以上続く伝統行事です。地域住民が一丸となって船を漕ぎ、海とのつながりを称えます。

6月沖縄の旬なくだもの

沖縄は亜熱帯気候で、一年を通して様々な果物が楽しめますが、特に6月は多くの果物が旬を迎え、その鮮度と味わいが最高潮に達します。

ここでは、6月に沖縄で楽しめる主な果物を紹介します。

パイナップル

ピーチパイン

  • 特徴: 桃のような香りが魅力的で、果肉は非常に柔らかく、甘みが強いです。
  • 糖度: 14度以上。
  • : 5月から7月。

ゴールドバレルパイン

  • 特徴: 沖縄県で開発された高級品種。果肉は濃厚で甘みが強く、果汁が豊富で酸味がほとんど感じられません。
  • : 7月から8月。

スナックパイン

  • 特徴: 重さが約700gと小ぶりで食べやすく、手でちぎって食べることが可能です。果肉は柔らかく、日常的に手軽に楽しめる品種です。
  • : 5月から6月。

クリームパイン

  • 特徴: 果肉がクリーム色で、非常に白いことが特徴です。果肉は柔らかく、糖度が15度以上で非常に甘く、酸味は少ないです。
  • : 7月から9月。

Nパイン

  • 特徴: ハワイ生まれのパイナップル品種で、甘みと酸味のバランスが絶妙です。果肉はジューシーで、甘酸っぱい味わいが特徴的。
  • 栽培地: 沖縄県北部の「やんばる」地域。この地域の赤土はパイナップル栽培に適しており、光を多く浴びた果実は特に果汁が豊富です。
  • : 5月から8月。

パッションフルーツ

沖縄県の本島南部から恩納村あたりで栽培が盛んな「パッションフルーツ」は、その独特の酸味とトロピカルな香りで人気です。

旬は6月から8月と長く、ジュースやデザートに加工して楽しむことが多いです。

アップルマンゴー

沖縄の夏の代表格「アップルマンゴー」は、沖縄本島や宮古島、石垣島などで栽培されています。甘くてジューシーな果肉が特徴で、旬は6月から7月にかけて。

この時期に沖縄を訪れるならぜひ味わいたい一品です。

マンゴーについての詳しい情報はこちら

6月の航空券の相場

6月の沖縄行き航空券の相場は、梅雨の期間中は一般的に安定しており、大きな価格変動は見られません。

しかし、梅雨明け後、夏の観光シーズンが始まると価格は上昇傾向にあります。

航空券の価格

  • ANAとJAL: 通常の運賃に加えて、搭乗日の75日以上前に予約することで、大幅な割引が適用される早期購入割引があります。例えば、羽田から那覇までの料金が通常44,390円かかるところ、早期購入で13,920円になる場合があります。
  • LCCの利用: ピーチなどのLCCを利用すると、成田空港から那覇空港まで6,390円という低価格で飛ぶことができます。

価格を抑えるためのポイント

  1. 早期購入割引を利用: 航空券は早期に予約するほど安くなります。
  2. 平日の利用: 平日に飛ぶ航空券は、週末に比べて一般に安価です。
  3. 昼から夕方の便を選ぶ: 朝一番の便よりも、昼過ぎから夕方の便の方が割安な場合が多いです。

6月のホテル相場

6月は梅雨時期にあたり、沖縄のホテル料金は比較的安定しています。

梅雨明けを迎えるとともに観光客が増え、料金が上昇することが予想されます。

ホテルの相場感

  • 一般的なホテル料金: 8,000円〜が一泊の基本料金ですが、場所やホテルのランクにより異なります。
  • ハイクラスのホテル: ハイアットリージェンシー那覇やカヌチャベイホテル&ヴィラズなどは、一泊約20,000円からの料金設定が見られます。

予約のコツと節約術

  1. 早期予約: ホテルは早期に予約することで、割引価格を利用できる場合があります。
  2. イベントのチェック: 大規模イベントが予定されている日は、価格が高くなることが一般的です。イベントスケジュールを確認して、それを避けることが節約につながります。
  3. 地域の割引キャンペーン: 地域ごとに実施される割引キャンペーンを活用すると良いでしょう。

まとめ

6月の沖縄は、気候的には梅雨の最中ということもあり、湿度が高く時々強い雨が降ることが特徴です。

し梅雨が明けるとすぐに夏の天候が訪れ、活動的な外出に最適な季節が始まります。この時期には、海水浴やシュノーケリングなどのアクティビティが楽しめるようになります。

また、雨が多い日には、屋内で沖縄の文化や歴史を感じることができる博物館や伝統工芸体験、琉球音楽のライブを楽しむこともおすすめです。

服装に関しては、湿度が高いため通気性が良く乾きやすい素材の服を選び、梅雨明け後は日焼け対策が必要になります。帽子やサングラス、長袖の軽いシャツを用意することで、快適に過ごすことができます。

旬の物としては、ピーチパインやゴールドバレルパインなどの地元で収穫されるフルーツを楽しむことができます。これらは新鮮で、沖縄ならではの甘みと香りを堪能できるため、訪れた際にはぜひ試してみてください。

沖縄 ビーチ特集!本島33ビーチを徹底紹介!