旅する沖縄5月の過ごし方ガイド(気候、服装、旬の物)旅行前に知っておきたいこと!

沖縄の5月は、ゴールデンウィークの賑わいから始まり、梅雨の訪れを感じさせる特別な時期です。

本州とは異なる気候で、独自の文化と自然が織りなす沖縄ならではの魅力を感じることができます。

では、5月の沖縄旅行を120%楽しむためのポイントを見ていきましょう。

5月の気候と服装

沖縄の5月は、平均気温が24.2℃と暖かく、すでに夏の訪れを感じさせます。

しかし、5月中旬からは梅雨入りし、湿度が高くなり始めます。

そのため、吸湿性があり乾きやすい軽い衣料と、冷房対策の羽織ものを用意すると良いでしょう。

晴れ間を楽しむためには、帽子やサングラス、日焼け止めは必須アイテムです。

また、梅雨時期に備えて折り畳み傘も忘れずに。

天気と気候

5月の沖縄は日中の気温が24~27℃に達し、夏を思わせるような日もあります。

この時期は晴れの日もありますが、天気は変わりやすく、晴れ間を楽しむためには準備が必要です。

体感気温とおすすめの服装

男性の服装

5月の沖縄旅行では、薄手のTシャツやポロシャツに、ショートパンツや薄手の長ズボンが適しています。

梅雨入りすると湿度が高くなるため、速乾性のある素材や、吸湿性の高い服がおすすめです。

日焼け対策として、帽子やサングラスも忘れずに。雨が予想される日には、折り畳み傘や薄手のレインコートも携帯しましょう。

女性の服装

女性も男性と同様に、薄手のブラウスやTシャツ、キャミソールに、ショートパンツや軽いスカートが快適です。

梅雨時期は特に、風通しの良い素材を選んで、蒸し暑さを避ける工夫を。

また、屋外での紫外線が気になる場合は、長袖の薄手のカーディガンを羽織ると良いでしょう。

雨天時には、足元が濡れにくいサンダルや防水スプレーを施した靴が便利です。

子供の服装

子供たちには、動きやすくて快適な服装が一番。

Tシャツとショートパンツの組み合わせや、女の子であれば軽いワンピースも良いでしょう。

子供は大人以上に活動的なので、汗をよく吸収する素材の服や、替えのTシャツを持っていくと安心です。

また、日焼け対策として帽子やUVカットのある服を選ぶと、屋外での遊びも楽しめます。

5月の沖縄を楽しむコツ

5月の沖縄を最大限に楽しむためには、天候の変化に柔軟に対応できる計画と、梅雨の季節特有の楽しみ方を知ることが大切です。

以下に、5月の沖縄を楽しむためのコツをいくつか紹介します。

梅雨の美しさを楽しむ

5月は沖縄が梅雨入りする時期ですが、この季節ならではの美しさがあります。

雨上がりの新緑が鮮やかに映え、花々が生き生きとして見えるので、植物園や公園の散策は特におすすめです。

また、雨の日には滝や川の水量が増え、よりダイナミックな自然美を楽しむことができます。

屋内アクティビティを楽しむ

梅雨時の雨天に備えて、屋内で楽しめるアクティビティをリストアップしておきましょう。

沖縄には美術館や博物館、水族館など、屋内でも十分に楽しめるスポットがたくさんあります。

特に、沖縄美ら海水族館では、世界最大級のアクリルパネルを通して見るジンベエザメやマンタの泳ぐ姿は、雨の日でも心が晴れやかになるような体験を提供してくれます。

空いているスポットを訪れる

ゴールデンウィークが終わると、観光地は比較的空いてくるため、ゆっくりと観光を楽しむことができます。

この時期を利用して、普段は混雑している人気スポットや、普段はあまり訪れる機会のない隠れた名所を訪れてみるのも良いでしょう。

旬のグルメを堪能する

5月は沖縄の旬の食材が豊富な時期です。新鮮な海の幸や、ゴーヤなどの島野菜を使った料理はこの時期ならではの味わいがあります。

地元の市場や食堂で、旬の味覚を楽しんでみてください。

道の駅や直売所がおすすめ!

紫外線対策をしっかりと行う

5月でも沖縄の紫外線は強いため、日焼け止めの使用や、帽子、サングラスの着用は忘れずに。

特に海やビーチで過ごす際は、紫外線対策をしっかりと行いましょう。

天候に左右されない計画を立てる

天気が変わりやすい季節なので、屋外アクティビティと屋内アクティビティの両方を計画に組み込んでおくと安心です。

急な天候の変化にも柔軟に対応できるように、計画はある程度フレキシブルにしておくことをおすすめします。

5月の沖縄は、梅雨の季節ながらも、その限られた時期だからこそ楽しめる魅力がたくさんあります。

雨の日でも楽しめる観光スポットをご紹介します

5月ならではの沖縄の魅力を存分に味わってください。

5月はやっぱり梅雨!?

5月の沖縄は、一言で言えば「変わりやすい天気の中の隠れた魅力を探す旅」です。

ゴールデンウィークの終わり頃から、沖縄は梅雨のシーズンに突入します。

この時期、沖縄は本州と異なり、短い間隔で晴れ間が見えたり、突然の雨が降り出したりと、一日の中で天気が幾度となく変わることが特徴です。

しかし、その変わりやすい天気の中にこそ、沖縄旅行の魅力がたくさん隠れています。

天気と気温の特性

5月の平均気温は24度程度と快適ですが、湿度が高く、時には蒸し暑く感じる日もあります。

雨が続くと少し不快に感じるかもしれませんが、晴れ間の時の沖縄は、緑が鮮やかで空気が澄んでおり、非常に美しい風景を楽しむことができます。

紫外線対策は必須

晴れの日が少なくとも、沖縄の紫外線量は多いため、しっかりとした紫外線対策が必要です。

日焼け止めはもちろんのこと、帽子やサングラスを活用して、肌を守りましょう。

梅雨時期の過ごし方

梅雨の時期に沖縄を訪れるということは、晴れた日を狙ってアクティビティを楽しむと同時に、雨の日は屋内での文化体験や美術館、水族館の訪問など、普段とは異なる沖縄旅行を満喫するチャンスでもあります。

沖縄の梅雨入りっていつ??

沖縄では、5月の始めから6月の終わりにかけて梅雨の季節が訪れます。

通常、ゴールデンウィークが終わる頃に梅雨入りが発表され、この期間は雨が頻繁に降る一方で、晴れ間も見られることがあります。

梅雨明けは年によって異なりますが、多くの年で6月23日頃とされ、それを境に沖縄は真夏の暑さへと移り変わります。

梅雨が明けた後は、清々しい夏の気候となり、ビーチやアウトドアで過ごすのに最適なシーズンが始まるのです。

沖縄の梅雨について詳しいく知りたい方はこちらから

5月の行事

5月の沖縄は、様々なイベントで賑わいます。

自然の美しさを堪能しつつ、文化や歴史、地元の食を楽しめるイベントが目白押しです。

ここでは、5月の沖縄で絶対に外せないイベントを深掘りしてご紹介します。

第50回 那覇ハーリー

  • 開催日時: 2024年5月3日(金・祝)~5日(日・祝)
  • 場所: 那覇港新港ふ頭

豊漁と海の安全を祈願する伝統行事であり、那覇の春の風物詩です。32名の漕ぎ手が力を合わせ、長さ14.5メートル、重さ2.5トンの舟を漕ぎ進める様子は圧巻の一言。

様々なチームによる競漕があり、地元民はもちろん、観光客も一体となって応援します。夜には花火が打ち上げられ、祭りの盛り上がりは最高潮に達します。

ビオスの丘 ナイトツアー

  • 開催期間: 5月中旬~6月下旬(土日限定)
  • 場所: うるま市ビオスの丘

夜の自然を満喫できる特別なツアーです。メインとなるナイトクルーズでは、ホタルをはじめとする多様な生き物たちの生態を観察できます。

暗闇に浮かぶホタルの光は幻想的で、夜の自然の神秘を体感できる貴重な機会です。

こどもフェスティバル アドベンチャーワールド‘24

  • 開催日時: 2024年4月27日(土)~5月6日(祝・月)
  • 場所: 北谷ドーム(北谷公園屋内運動場)

子どもたちが主役のフェスティバル。巨大スライダーや恐竜バトルなど、子どもから大人まで楽しめるアトラクションが満載です。

ゴールデンウィークの家族でのお出かけに最適なイベントで、沖縄の文化や自然を体感しながら楽しむことができます。

5月の旬な食材

5月は沖縄でさまざまな食材が旬を迎えます。生命力あふれるこの季節には、特有のフルーツや野菜、魚介類が食卓を彩ります。

フルーツ編

アセローラ

  • : 5月~11月
  • 特徴: ビタミンCが豊富で、レモンの34倍も含まれています。沖縄本島北部の本部町が日本一の生産地。生のアセローラは非常に貴重ですが、ジュースや加工品も人気。
  • おすすめの食べ方: スムージーやアセローラ酢として楽しむのがおすすめ。また、加工品としてジュースやドレッシング、菓子などで味わうことができます。

フルーツパパイヤ

  • : 4月~6月
  • 特徴: ビタミンC、カリウム、カロチンが豊富で、健康や美容に良いとされています。完熟すると黄色くなり、甘みが増します。
  • おすすめの食べ方: 生食はもちろん、ジュースやスムージーにすると、その甘みと風味を存分に楽しむことができます。

パイナップル

  • : 5月中旬~8月初旬
  • 特徴: 沖縄県はパイナップル生産量日本一。品種によって異なる甘さや風味が楽しめます。
  • おすすめの食べ方: 生で食べるのが一番。熟していれば、冷蔵庫で冷やしてから切ると、甘みと酸味のバランスが引き立ちます。ジュースやスムージーにしても美味しいです。

島バナナ

  • 特徴: 沖縄独自の品種もあり、一般的なバナナとは異なる味わいが楽しめます。香りが強く、甘みが特徴的。
  • おすすめの食べ方: 生で食べるのはもちろん、スムージーやバナナブレッドにしても美味。冷凍してアイスクリームのようにしても良いでしょう。

魚介類編

クロカジキ

  • : 5月~7月
  • 特徴: 沖縄では刺身の定番として親しまれています。淡白な味わいで、刺身の他、ムニエルやソテー、フライにしても美味しいです。
  • おすすめの食べ方: 新鮮な刺身が一番のおすすめ。塩やわさび、醤油でシンプルに味わいましょう。

タマン(ハマフエフキ)

  • : 5月~8月
  • 特徴: 沖縄3大高級魚の一つ。白身で淡泊な味わいが特徴。石垣市の市魚にも指定されています。
  • おすすめの食べ方: 刺身でその鮮度と美味しさを味わうのが最高。皮霜造りやまーす煮(塩煮)でも楽しめます。

野菜編

ウンチェー(空芯菜)

  • : 4月~9月
  • 特徴: 東南アジア原産の野菜で、沖縄では太くて根元が固いのが特徴。ゴマ油との相性が良く、炒め物に使われることが多いです。
  • おすすめの食べ方: 豚バラ肉やツナと炒めて、ゴマ油で風味を付けると絶品です。

島ラッキョウ

  • : 3月~5月
  • 特徴: シャキシャキとした食感と強い香りが特徴。塩漬けや天ぷらで人気があります。
  • おすすめの食べ方: 塩漬けにしてお酒のおつまみにしたり、天ぷらにしてサクサクの食感を楽しむのがおすすめです。

ゴーヤ(ニガウリ)

  • : 4月~7月
  • 特徴: ゴーヤはビタミンCが豊富で、独特の苦味が特徴です。沖縄の夏野菜の代表格。
  • おすすめの食べ方: ゴーヤチャンプルーが有名。豚肉、豆腐と一緒に炒めると苦味が和らぎ、美味しく食べられます。

トマト

  • : 1月~5月
  • 特徴: みずみずしく、甘みと酸味が強い県産トマト。ビタミンCやリコピンが豊富で健康や美容に良い。
  • おすすめの食べ方: 生食はもちろん、サラダや冷製パスタ、トマトジュースやスムージーに。加熱しても美味しいです。

ズッキーニ

  • : 11月~5月
  • 特徴: カリウムやビタミンCが豊富で低カロリー。水分が多く、さっぱりとした味わい。
  • おすすめの食べ方: 薄切りにしてサラダに、またはグリルや炒め物に。スープや煮物に入れると、優しい甘みが加わります。

スイートコーン

  • : 12月~5月
  • 特徴: 甘みが強く、ジューシーな沖縄のスイートコーン。生でも加熱しても美味しい。
  • おすすめの食べ方: 生でそのままかじるのも良し、茹でてバターを塗るのも定番。焼きコーンも香ばしくて美味しいです。

これらの食材を通じて、5月の沖縄は食の宝庫であることがわかります。これらの旬な食材を使って、沖縄の自然と文化を堪能してみてください。

5月の航空券の相場

5月は、日本国内で最も人気のある旅行シーズンの一つで、ゴールデンウィーク(GW)期間中は特に沖縄を訪れる観光客が増えます。

この時期の沖縄は、温暖な気候で自然が美しく、多くのイベントが開催されるため非常に魅力的です。

しかし、これらの魅力が高まる反面、航空券の価格も高騰し、計画的に旅行をしなければ高額な出費となる可能性があります。

5月の航空券の相場と価格動向

  • ゴールデンウィーク前後の価格変動: 5月の初旬にかけてはゴールデンウィークによる影響で航空券の価格が上昇し、18,210円〜25,140円の範囲で推移します。特に、ゴールデンウィークが始まる直前や終わりにかけては、価格がピークに達します。
  • 中旬以降の価格安定: ゴールデンウィークが終わると、価格は急激に下落し、14,470円〜14,140円の範囲に安定します。この期間は比較的リーズナブルな価格で沖縄への航空券を手に入れることができるため、ゴールデンウィークを避けて沖縄を訪れたい人にとっては絶好のチャンスです。

価格を抑えるためのポイント

  1. 早期予約: 航空券は発売開始と同時に予約することで、割安な価格で購入することができます。特にゴールデンウィークのような繁忙期は、早めの予約が重要です。
  2. キャンペーン利用: 航空会社や旅行会社が行うキャンペーンを活用することで、通常よりも安価で航空券を手に入れることが可能です。
  3. 平日出発を検討: 週末や祝日に比べて、平日出発の航空券の方が価格が低く設定されていることが多いです。柔軟なスケジュールで予約することで、コストを抑えることができます。

5月のホテル相場

5月の沖縄ホテルの相場は、ゴールデンウィーク期間中と梅雨入り後で大きく異なります。

ゴールデンウィーク中は多くの観光客が沖縄を訪れるため、ホテルの予約が取りにくく、価格も高騰します。

一方、ゴールデンウィークが終わり、梅雨のシーズンに入ると、天候の影響で観光客が減少し、ホテルの予約がしやすくなり、価格も安定します。

ホテルクラスと料金

沖縄のホテルは、リゾートホテルからビジネスホテル、貸別荘、民泊施設まで幅広い選択肢があります。

料金はホテルのクラスや立地、提供されるサービスによって異なります。

  • 1つ星クラス: 約5,000円以下で、シンプルな設備のビジネスホテルやゲストハウスが中心。コストパフォーマンスが良く、短期滞在に適しています。
  • 2つ星クラス: 約5,000円〜2万円で、快適な設備を備えたビジネスホテルや小規模なリゾートホテルが含まれます。
  • 3つ星クラス: 約2万円〜3万円で、良質なサービスと施設を提供するホテル。家族やカップルでの長期滞在に適しています。
  • 4つ星クラス: 約3万円〜4万円で、高級リゾートホテルや一部の高級ビジネスホテル。充実した施設とサービスを楽しめます。
  • 5つ星クラス: 5万円以上で、最高級のリゾートホテル。豪華な設備と世界クラスのサービスが魅力です。

予約のコツと節約術

  • 早期予約: ゴールデンウィーク期間中や梅雨入り前には、早めに予約することが重要です。早期予約割引を利用すると、お得に宿泊できる場合があります。
  • 平日利用: 週末や祝日よりも平日の方が料金が安く設定されていることが多いです。休みを利用して平日に旅行をすると、費用を抑えることができます。
  • 宿泊プランの比較: 旅行会社や予約サイトでは様々な宿泊プランが提供されています。プラン内容を比較し、自分のニーズに合ったものを選びましょう。

5月の沖縄旅行では、ホテル選びが重要なポイントとなります。

天候やイベント、ゴールデンウィークの日程を考慮し、計画的に予約を行うことで、快適な滞在を実現できます。

沖縄の豊かな自然と文化を満喫するためにも、旅行計画をしっかりと立てておきましょう。

まとめ

5月の沖縄旅行は、計画と準備が肝心です。ゴールデンウィークを避けるか、早めの予約で対応すること、そして梅雨に入る前半の旅行を検討することで、混雑を避けつつ沖縄の魅力を十分に堪能できます。

天候に左右されやすい時期ですが、それを逆手にとって、沖縄ならではの文化体験や、旬の食材を味わうなど、計画的に行動すれば、忘れられない旅行になるでしょう。

沖縄の豊かな自然と文化、そして人々の温かさを感じる旅を楽しんでください。