【2024年版】台風シーズン要注意!沖縄旅行で気をつける事「旅程の変更・キャンセル対応」徹底ガイド

台風の沖縄

ブックマークやお気に入りに保存して沖縄旅行を楽しんでください

沖縄は亜熱帯気候で年間を通して温暖な気候に恵まれていますが、夏場は台風シーズンとなり、旅行の際は事前の対策が必須です。

沖縄旅行を計画する際は台風についても知っておきましょう。

台風の接近で航空機が運休になったり、現地での移動が制限されるリスクもあります。

沖縄旅行2日目から台風だった・・・という声もよく聞きます。

落ち着いて対応できるように前準備をしておきましょう!

出発前に台風が来たらどうしよう。。

沖縄旅行を楽しみにしているのに、台風接近のニュースを聞いたらどうしようと心配になりますよね。

でも大丈夫、事前にしっかり準備しておけば、台風が来ても旅行を楽しむことは可能です。

ここでは、出発前に台風が来た場合の対策を詳しくご紹介します。

台風の予想進路をチェックしよう

まずは、近づいている台風の情報をしっかりチェックしましょう。

台風には個性があり、それぞれに大きさや強さ、進路、雨雲の状況などが異なります。

気象庁の台風情報(台風経路図)を確認し、いつ頃どんな影響が出そうかを把握しておくことが大切です。

出発日だけでなく、帰りの日の予想進路もチェックするのを忘れないようにしましょう。

このサイトで台風の進路をチェックしましょう!

航空会社の最新の運航状況をチェックする

台風が接近すると、航空会社は台風の進路や大きさ、風向きや風速などをもとに運航の可否を判断します。

フライトの遅延や欠航の可能性が高くなるため、利用する航空会社の最新の運航状況や運航予定を随時確認することが重要です。

航空会社のホームページやアプリで情報をチェックし、必要であればカスタマーサービスに問い合わせてみましょう。

航空会社一覧でチェックしましょう!

予約先のホテルやアクティビティのキャンセルを確認する

台風の影響で搭乗予定の便が変更対象便となった場合、変更やキャンセルに必要な手数料が不要となることがあります。

予約している航空券、ホテル、アクティビティなどのキャンセル規定を事前に確認しておきましょう。

各航空会社やホテル、ツアー会社のウェブサイトでキャンセル料の取り扱い規定をチェックし、必要に応じて変更やキャンセルの手続きを行ってください。

キャンセルや払い戻しについて、以下の点に注意してください。

航空券のキャンセル

台風による欠航の場合、多くの航空会社ではキャンセル料が免除されます。ただし、LCCなど一部の航空会社では条件が異なることがありますので、事前に確認しておきましょう。

宿泊施設のキャンセル

ホテルや旅館も、台風によるキャンセルの場合、キャンセル料が免除されるケースが多いです。こちらも事前に確認し、キャンセルの際には早めに連絡するようにしましょう。

レンタカーのキャンセル

レンタカーも同様に、台風によるキャンセル料が免除される場合が多いですが、会社ごとに方針が異なるため、事前に確認しておくことが重要です。

【滞在中】沖縄旅行中に台風が来たらどうする?

滞在中に台風が来ると、観光の計画が大きく変わってしまいます。

沖縄には屋内で楽しめるスポットもたくさんあります。

ここでは、台風接近時の過ごし方を詳しくご紹介します。

沖縄滞在中の台風対策

滞在中に台風が接近した場合、以下の対策をとってください。

  1. 現地の気象情報をチェックする: テレビやラジオ、インターネットで最新の気象情報を常に確認し、台風の進路や影響を把握しておきましょう。
  2. 公共交通機関の運行状況を確認する: 台風接近時には、フェリーやバス、モノレールなどの公共交通機関が運休することがあります。事前に運行状況を確認し、必要ならば早めに移動手段を確保しておきましょう。
  3. 宿泊施設の安全を確保する: 強風や豪雨に備えて、宿泊しているホテルや旅館の指示に従い、安全な場所に避難する準備をしましょう。必要ならば、非常用の食料や飲料水を確保しておくと安心です。

現地の気象情報をチェックする

台風の進路をチェックしましょう。

台風は接近中だけでなく、過ぎ去る時にも強い風が吹く場合があります。

台風が過ぎたからといって油断せず、常に最大の注意を払いましょう。特に、台風の目に入り抜けてからが最も影響を受けやすいです。

台風の目を抜けた後は反対方向から強い風が吹くため、吹き返しが強く感じられます。

台風の進路をチェックしましょう。

このサイトで台風の進路をチェックしましょう!

暴風警報などの警報情報はこちらでチェックしましよう。

気象状況は数時間おきに変わるのでこまめにチェック!

公共交通機関の運行状況を確認する

沖縄の施設やお店は、バスやモノレールの運行状況で休館が決まります。(学校なども)

バスの運行状況をチェックしましょう。

このサイトで路線バスの運行状況をチェック!

ゆいレールの運行状況をチェックしましょう。

このサイトでモノレールの運行状況をチェック!

那覇空港の状況をチェックしましょう。

このサイトで那覇空港の閉館状況などをチェック!

台風接近時の行動指針

沖縄に接近する台風は本土に比べると勢力が強いことが多く、特に強風には注意が必要です。

台風接近時は離島航路のフェリーなどが欠航し、ビーチでのレジャーやマリンアクティビティが中止となることがあります。

暴風警報が発令されると、公共交通機関は運休、公共施設などは閉館となります。

外出が危険な場合はホテルの中で過ごすようにしましょう。

台風でも外出はできるの?

沖縄本島では、台風が最接近中は、外に出ないことをお勧めします。

台風の接近中にレンタカーを運転する際は、強風で飛んでくるものやドアの開け閉めに注意が必要です。

折れた街路樹などによって道路が塞がれたり、一部の橋が通行止めになることもあります。
冠水する地域も多いので、不要普及の外出は控えてください。

暴風警報が発令されると観光施設は閉館し、公共交通機関は運休となりますので、現地の気象情報や交通情報を確認してから行動しましょう。

公共機関(バス・モノレール)のストップとともに、ほとんどのお店や企業が閉店するのが沖縄の特徴です。暴風警報が発令したら外出は控えた方が良いです。

台風接近時には、交通機関の運行状況に注意が必要です。

公共交通機関

台風の影響で、モノレールやバスなどが運休することがあります。最新の運行情報を確認し、安全に移動できる手段を確保しましょう。

レンタカー

強風の中での運転は危険です。特に、飛来物や倒木による事故のリスクが高まります。可能な限り運転を避け、必要な場合はタクシーを利用するのが安全です。

台風直撃時や接近が見込まれる時は、基本的に外出を控えましょう。

室内でゆっくり過ごす

台風が直撃すると、強風による飛来物や転倒の危険性があるので、外出は避けて宿泊施設などの室内で過ごすようにしましょう。

ホテル内でもリゾート気分を楽しめる施設が多くあります。プールやスパ、クラフト体験などを楽しんだり、ゲームアイテムやキッチングッズをレンタルできるホテルもあります。

沖縄地方が停電してしまうと、ホテルも停電する可能性があります。しかし中には客室は停電しないように自家発電があるホテルもあるので、直接ホテルに問い合わせすると良いでしょう。

台風だからこそ発見できる沖縄の良さもあるかもしれません。

台風時の過ごし方(昼間・夜間)

台風接近時の過ごし方について、昼間と夜間でのポイントを紹介します。

昼間

台風が接近している場合、屋外の観光は避けましょう。

代わりに、博物館や美術館、ショッピングモールなどの屋内施設を訪れるのがおすすめです。(あくまでもあまり影響がない場合です)

これらの施設は、天候に関わらず楽しむことができます。

夜間

夜間は宿泊施設で安全に過ごすことが最も重要です。

ホテル内のレストランやバー、スパなどの施設を利用してリラックスしましょう。

また、台風が強まる場合に備えて、非常用の灯りや充電器などを準備しておくと安心です。

沖縄旅行中に台風が接近した場合、適切な対策と行動を取ることで、安全に楽しい旅行を過ごすことができます。事前の情報収集と準備をしっかり行い、素晴らしい沖縄の旅をお楽しみください。

停電について

沖縄は台風が直撃すると必ずと言って良いほど停電します。

令和5年台風第6号では、沖縄本島は数日間の停電に見舞われ、観光客も避難所生活を余儀なくされたこともあります。夏の停電は本当に辛いので、しっかり対策をしておきましょう。

泊まるホテルに自家発電があるのかどうか確認しましょう。

停電時も不要な外出を控えましょう。道には切れた電線などいろいろなものが散乱しています。

また、信号も停電していますので、とても危険です。

停電情報は沖縄電力のこちらのページから確認ください

停電対策アイテム

小型の充電式ライトを所持することをお勧めします。

停電の可能性がある場合はあらかじめモバイルバッテリー等の充電などに備えてください。

沖縄では台風が近づくと、コンビニやスーパーからいろいろな物がなくなります。その中でも電池やモバイルバッテリーなどは最初に売り切れますので、旅前に購入することをおすすめします。

さらに、停電が起こるとインターネットも不通になることもありますので、その際は安全な場所で復旧をまちましょう。

海岸沿いに近づかない

台風が接近している時は、強風や高波で海は荒れます。シュノーケリングやダイビングなどのマリンアクティビティはとても危険です。絶対にやめましよう。

高潮の影響で流される危険もあるので海岸や川沿いには近づかないようにしましょう。台風が過ぎた後も海上では「うねり」が強くなることがありますので、海岸沿いに近づかないように注意してください。

興味本位で海や川に近づく方がいますが、絶対にやめましよう。

台風が直撃せず、それほど影響がない場合

風がそれほど強くない場合は、雨の日でも楽しめる観光スポットを探して安全に過ごしましょう。

雨の日でも楽しめるスポットをご紹介します。

飛行機が飛ばずに帰れないかも!?そんな時はどうする?

台風の影響で飛行機が欠航する可能性があります。帰れなくなった場合の対策をしっかりと確認しておきましょう。

空港に行く前の情報収集が大切

飛行機の運航状況は台風の進路などの影響で直前に変わることがあります。

空港に行く前に航空会社のホームページなどで最新の運航状況を確認しましょう。

空港へ移動する際には、安全に注意して行動してください。

各航空会社の一覧はこちら

このページで航空会社の情報をチェック!

那覇空港の営業情報はこちら

このサイトで那覇空港の閉館状況などをチェック!

航空便の変更手数料やキャンセル料は?

搭乗を予定していた便が欠航となった場合、ほぼ全ての航空会社でキャンセル料は免除となります(LCCなどは条件があります)。

変更対象便となった場合は、便の変更や追加で航空券を購入するための費用がかかることがありますので、事前に確認しておきましょう。

楽天トラベルなら全額返金のパックもあるそうです!

また、トラベル保険などに加入することもお勧めします。

飛行機が欠航になった場合

飛行機が欠航となった場合は、今いる宿泊先に残るか、新たな宿泊先を探す必要があります。

空港から近い那覇市内のホテルはすぐに満室となることが多いので、早めに予約を手配しましょう。

また、借りていたレンタカーの返却や延長手続きも忘れずに行ってください。那覇空港内に宿泊施設はないので、注意が必要です。

こちらの写真は2024年5月31日に那覇空港が視界不良で着陸できず米軍嘉手納基地のJALとANA機が代替着陸(ダイバート)しました。道の駅嘉手納から撮った写真です。燃料がなかったこともあり、なかなか離陸できず羽田を離陸後10時間以上機内に閉じ込められていたそうです。米軍基地ということもありシェードを開けることもできなかったそうです。
こんなことも起きてしまうので、天候は怖いです。

台風接近時の注意点と対策

沖縄は美しいビーチや自然が魅力の観光地ですが、台風シーズンには特別な注意が必要です。

ここでは、台風接近時の注意点と対策について詳しく説明します。

沖縄の台風シーズンはいつ?

沖縄には、毎年多くの台風が接近・上陸します。

特に、7月から10月にかけて台風の発生が多くなります。この期間は、夏休みやお盆休みと重なるため、観光客が多く訪れる時期でもあります。

そのため、台風シーズンを避けて旅行を計画するのは難しいかもしれませんが、事前に対策をしておくことで安全に旅行を楽しむことができます。

こちらの図は2010年から2023年までに沖縄地方に接近した台風の数になります。

沖縄には年間何個の台風が上陸しますか?

沖縄には年間平均して約8.4個の台風が接近・上陸します。

特に、7月から10月の間に集中しており、この期間には沖縄の天候に注意を払うことが重要です。

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月合計
20103316
2011211127
20123242111
2013112149
20142322210
201512216
201611417
201731127
201823421113
2019113217
20204216
2021111317
20222246
20231211216

台風が接近すると、強風や豪雨により観光や交通に影響が出ることがあるため、事前の情報収集と準備が不可欠です。

沖縄は台風が来やすいのはなぜですか?

地理的な位置

沖縄は太平洋の西部に位置しており、南シナ海やフィリピン海から発生する台風の通り道にあります。これらの地域は台風の発生源として知られており、台風が北上する際に沖縄を通過することが多くなります。

気象条件

台風は暖かい海域で発生しやすく、沖縄周辺の海水温は高いため、台風が発生しやすい環境が整っています。暖かい海水は台風のエネルギー源となり、台風が強くなる原因となります。

太平洋高気圧

太平洋高気圧は、夏から秋にかけて日本列島に張り出すことが多く、台風の進路に影響を与えます。この高気圧の縁を回るように台風は進むため、沖縄が台風の進路に入りやすくなります。

風の流れと気圧配置

台風は低気圧性の強風域であり、周囲の風や気圧配置に大きく影響を受けます。沖縄周辺の気圧配置や風の流れが台風を引き寄せることが多く、結果として沖縄に接近・上陸する頻度が高くなります。

まとめ

沖縄旅行中に台風が接近することは避けられない自然現象です。

しかし、事前に適切な準備をしておくことで、安全で楽しい旅行を維持することができます。

台風接近時の対策として、現地の気象情報のチェック、航空会社の連絡先の確認、旅程の変更やキャンセルの手続きについて詳しく解説しました。

台風が接近した際にも落ち着いて対処できるよう、事前に必要な情報をしっかりと把握しておきましょう。安全な旅をお楽しみください。

台風が過ぎたら沖縄で思いっきり遊ぼう!

沖縄のアクティビティ・遊び・体験・レジャーはこちら!

シュノーケリング

青の洞窟シュノーケル

小さなお子様やご年配の方、泳ぎが苦手な方でも経験、豊富なスタッフがしっかりサポート、安心してご参加いただけます!

体験ダイビング

体験ダイビング

経験豊富なスタッフとボート貸切で青の洞窟ツアーに行きませんか?別世界を体験するチャンス!

パラセーリング

海で飛んでください

お子様や高所が苦手な方の緊張も和らげます。
パラセーリング専用ボートに乗り、ライフジャケットとハーネスを装着したら船上から飛び立つだけ!

特集

沖縄 道の駅・直売所

道の駅・直売所 特集!

沖縄の道の駅や直売所は非常に人気が高い観光スポットとなっています。それぞれに特色があるので、 行く価値200%です!ぜひ遊びに行ってください

沖縄ビーチ

沖縄本島ビーチ特集!

沖縄本島には南国ならではの素敵なビーチがたくさんあります。超穴場からサービスの行き届いたエグゼクティブなビーチまでそれぞれわかりやすくご紹介

台風の沖縄

台風の沖縄

旅前や旅中で台風が接近した時に慌てずに対応できるよう、台風接近時に押さえておくポイントをまとめました。ぜひご活用ください。