沖縄のマンゴー 夏のお土産に最適!買い方・選び方!

ブックマークやお気に入りに保存して沖縄旅行を楽しんでください

夏の沖縄旅行のお土産はマンゴーで決まり!

夏の沖縄旅行で絶対に外せないお土産といえば、たっぷり日差しを浴びたトロピカルフルーツ「マンゴー」!毎年、多くの人々がこの美味しさを求めて、沖縄の直売所やファーマーズマーケットを訪れます。中には、一日かけて様々なお店を巡り、マンゴーの品定めをする方も。

今回は、マンゴー好きのあなたに、旅の途中でマンゴーを購入する方法を詳しくお伝えします。実は私、直売所で長く働いていた経験があるので、沖縄でのマンゴーの買い方や通販の方法には自信があります!

ぜひこの記事を参考にして、最高のマンゴーを手に入れてくださいね。

それでは、早速行ってみましょう!

沖縄マンゴーの相場

沖縄マンゴーの相場感です。これを知っておくと、色々な直売所に行っても迷う事がありません。

アップルマンゴーの相場

秀品(2kg)

価格帯:7,000円〜20,000円
特徴:ブランドや糖度計で測られた高品質のもの。贈答用としても最適。

県知事賞を獲得したような最高級マンゴーはなかなか市場に出回らないですが特定の直売所で販売されていたりします。

優品(2kg)

価格帯:5,000円〜10,000円
特徴:贈答できるレベルの品質。色鮮やかで味も優れたもの。

色が良くて、贈答した時にとても喜んでもらえるレベルの商品。

良品(2kg)

価格帯:3,000円〜5,000円
特徴:家庭用やお土産用として人気。色がやや青みや黄色が入ったものを含む。

化粧箱入りで自宅や親戚等に配るのに最適です。

パックや袋もの(500g〜1kg)

価格帯:1,000円〜3,000円
特徴:訳あり品を含む。家庭で気軽に楽しむために最適。

自宅用で完熟ギリギリで販売されている事が多いです。

ミニマンゴー(500g〜1kg)

価格帯:1,000円〜3,000円
特徴:小ぶりでリーズナブル。手軽にマンゴーを楽しめる。

元々は大きくならなかった、粗悪品のマンゴーですが、今ではミニマンゴー好きがいるほど人気のマンゴーになっています。

マンゴーの旬な時期や購入のタイミングの詳しい情報はこちら

沖縄マンゴーの旬と購入 ベストタイミングはこちら!

沖縄マンゴーの魅力とは?

沖縄マンゴーの魅力は、その甘さと香り、そして栄養価の高さにあります。ここでは、沖縄マンゴーの特長を詳しくご紹介します。

南国ならではの甘さと香り

沖縄のマンゴーは、その濃厚な甘さと豊かな香りで多くの人々を魅了します。これは沖縄特有の気候と地理的条件によるものです。

たっぷりの日差し

沖縄は年間を通じて日照時間が長く、太陽の光をたっぷり浴びたマンゴーは、他県産のものよりも甘みが強くなります。太陽の光は光合成を促進し、果実に糖分が蓄積されるため、甘さが引き立ちます。

温暖な気候

沖縄の温暖な気候も、マンゴーの甘さと香りに大きく影響します。温暖な気候はマンゴーの生育を促し、果実がじっくりと熟すことで、甘さと香りが濃縮されます。

海風の影響

沖縄は四方を海に囲まれており、海風がマンゴーに特有の風味を与えます。この海風が果実に適度な湿気を与え、マンゴーの果肉が柔らかくジューシーに仕上がります。

他県産マンゴーとの違い

沖縄マンゴーと他県産マンゴーの違いをいくつかの観点から比較してみましょう。

気候条件

沖縄:温暖で日照時間が長く、海風の影響を受けやすい。
他県(例:宮崎):宮崎県もマンゴーの生産地として有名で、温暖な気候ですが、沖縄ほどの海風の影響は少ない。

味と香り

沖縄マンゴー:甘さが濃厚で、香りが豊か。果肉がジューシーでとろけるような食感。
他県産マンゴー:甘さと香りも優れているが、沖縄マンゴーほどの濃厚さや香りの強さはない場合が多い。

栽培方法

沖縄:沖縄特有の温暖な気候と海風を利用して栽培。台風などの気象条件に対する対策も重要。
他県(例:宮崎):温暖な気候を利用してハウス栽培が主流。品質管理が行き届いている。

高い栄養価

沖縄マンゴーは豊富な栄養素を含んでおり、美容や健康に良い効果があります。

沖縄マンゴーにはビタミンCが豊富で、抗酸化作用により細胞の老化を防ぎ、美肌効果が期待できます。また、免疫力を高め、健康維持にも役立ちます。

ビタミンAも多く含まれており、視力維持や皮膚の健康を保つために重要です。免疫機能を正常に保ち、健康をサポートします。

ビタミンやその他の抗酸化物質が豊富で、体内のフリーラジカルを除去し、細胞の老化を防ぎます。これにより、全体的な健康維持が期待できます。

沖縄マンゴーを食べることで、これらの栄養素から多くの健康効果が得られます。

美容と健康に良い効果

沖縄マンゴーを食べることで、以下のような美容と健康効果が得られます。

  • 美肌効果:ビタミンCとビタミンAが肌の健康を保ち、シミやシワの予防に役立ちます。
  • 免疫力向上:ビタミンCが免疫機能を強化し、健康維持に役立ちます。
  • 心臓の健康:カリウムが血圧を調整し、心臓の健康をサポートします。
  • 視力維持:ビタミンAが目の健康を保ち、視力維持に貢献します。

沖縄マンゴーはその甘さと香り、そして豊富な栄養価で、夏の健康と美容をサポートする素晴らしい果実です。この夏、沖縄のマンゴーを味わって、その魅力を存分に堪能してください。

沖縄で販売されているマンゴーの種類

アップルマンゴー(アーウィン種)

アップルマンゴー、別名アーウィン種は、沖縄で最も広く栽培されているマンゴーの一つです。この品種はその鮮やかな赤い皮と濃厚な甘さで知られ、多くのマンゴー愛好家に愛されています。

  • 特徴:アップルマンゴーは、見た目も美しい鮮やかな赤い皮が特徴です。果肉はオレンジ色で、ジューシーで滑らかな食感を持ち、口に入れると豊かな甘さが広がります。
  • 味わい:糖度は平均して15度以上あり、まろやかな酸味が甘さを一層引き立てます。このバランスが絶妙で、デザートやジュースに最適です。
  • :6月から8月にかけてが収穫のピークで、この時期に最も美味しいマンゴーが市場に出回ります。

キーツマンゴー

キーツマンゴーは、アップルマンゴーとは異なる緑色の皮を持つ品種で、その大きさと濃厚な甘さが特徴です。希少価値が高く、市場に出回る量は限られています。

  • 特徴:キーツマンゴーはその大きさが特徴で、ひとつの果実が1kgを超えることもあります。皮は緑色で、完熟しても色が変わらないため、見た目での熟度判定が難しいですが、香りと手触りで判断します。
  • 味わい:果肉は厚く、濃密な甘みと豊かな香りを持ちます。繊維質が少なく、滑らかな食感で、濃厚なマンゴーの風味を堪能できます。
  • :8月頃が収穫の時期で、アップルマンゴーのシーズンが終わる頃に市場に出回り始めます。

ミニマンゴー

ミニマンゴーは、マンゴーの成長過程で大きくならずに小さいまま熟したものを指します。通常、果実は「胚」の発達が停止すると落果しますが、まれに落果せずに小さいままで熟す実があります。これがミニマンゴーとして扱われています。

  • 特徴:ミニマンゴーは小ぶりなサイズが特徴で、一口サイズで手軽に楽しめます。皮は黄色から赤みを帯び、果肉は鮮やかなオレンジ色で柔らかくクリーミーな食感を持ちます。
  • 味わい:糖度が非常に高く、15度以上にも達することがあります。甘さと酸味のバランスが絶妙で、濃厚な味わいが楽しめます。
  • 生産と流通:ミニマンゴーは狙って作ることができないため、その数は非常に限られています。生産地には根強いファンが多く、一般の小売店にはなかなか流通しない希少な果物として知られています。
  • :6月から7月にかけてが収穫期で、家庭用や贈答用として人気があります。

その他のマンゴー品種

沖縄では、上記の他にも様々なマンゴーが試験的に栽培されています。

新しい品種の導入や栽培方法の改良が進められており、今後もさらなるバリエーションのマンゴーが楽しめるようになるでしょう。

沖縄のマンゴーは、その種類ごとに異なる魅力を持ち、どの品種も独特の美味しさを誇ります。季節ごとの旬を迎えたマンゴーを味わうことで、沖縄の自然の恵みを存分に堪能できます。マンゴー好きの方は、ぜひ色々な品種を試してみてください!

沖縄でマンゴーを買うならここ!おすすめ直売所とファーマーズマーケット

おんなの駅 なかゆくい市場(直売所)

沖縄北部の玄関口に位置し、多くのマンゴーが集まる。マンゴーフェアなど開催。
またスタッフさんが丁寧に教えてくれるのも立ち寄りポイントです。

絶対行こう!「おんなの駅 なかゆくい市場」道の駅・直売所 好きにはたまらない観光スポット!

道の駅かでな(直売所)

道の駅かでなの1Fに産直市場が併設されており、中部という立地がら県内中のマンゴーやお野菜が集まってきます。高速道路からも58号線からも近いのでアクセスも便利!

「道の駅かでな」米軍基地が一望できる唯一の観光スポット豊富なランチにお土産も!

ファーマーズマーケットいとまん うまんちゅ市場(JAファーマーズ)

農家さんが直接出荷、新鮮なマンゴーが手に入る。マンゴーの割引イベントも定期的に開催。

道の駅いとまん 地元グルの宝庫 沖縄最南端の魅力を堪能してください

うるマルシェ(直売所)

地元うるま市のマンゴーを中心に販売、送料無料キャンペーンも。

うるマルシェ 沖縄うるま市の食の宝庫!地元産直グルメと特産品の魅力

沖縄マンゴーの旬と購入のベストタイミング

アップルマンゴーの旬

7月中旬がピークで、6月から8月にかけてが旬。

キーツマンゴーの旬

8月頃が旬で、他のマンゴーよりも少し遅れて店頭に並びます。

マンゴーの旬な時期や購入のタイミングの詳しい情報はこちら

沖縄マンゴーの旬と購入 ベストタイミングはこちら!

新鮮でお得!マンゴーを賢く買う方法

直売所で購入

特に恩納村にある「おんなの駅」はマンゴーの聖地と言われるほど、豊富で新鮮なマンゴーが入荷します。

南部からわざわざ恩納村にあるこの施設まで卸にくる農家さんがいるそうです。
直売所は中抜きが少なく、新鮮な品物が揃っているのでおすすめです!

朝一番と夕方前に行く

農家さんが新鮮なマンゴーを補充する時間帯に合わせて訪れることもおすすめです。
前日夕方に収穫したマンゴーを翌朝に入荷します。

午前中に集荷したものをその日の午後に入荷するので、朝一と夕方が狙い目です!

マンゴーはとれたてはブルームという曇りがかかってるため食べれませんが、贈答用などは、新鮮なうちに購入し発送すると良いでしよう。

沖縄マンゴーの選び方と保存方法

選び方

  1. 色が赤く鮮やかでツヤがあり、表面にキズがなく、ふっくらとしたものを選ぶ。
  2. 甘い香りが強く、弾力があり、やや凹む感触のものが食べごろ。
  3. シワや黒い斑点がなく、ブヨブヨしていないものを選ぶ。

保存方法

  1. 完熟マンゴーは濡れた新聞紙で包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存し、3~4日以内に食べる。
  2. 完熟前のマンゴーは常温で保存し、追熟させる。色ツヤが良くなり、弾力が出てきたら食べごろ。
  3. 長期保存する場合は、皮をむいて種を取り、カットして冷凍保存する。

沖縄マンゴーを通販で買う

なんと沖縄マンゴーは通販でも購入することができます。

沖縄県内でも北部、金町のマンゴーは有名です!

created by Rinker
ホクレン
¥6,250 (2024/07/17 15:28:39時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ:沖縄のマンゴー 夏のお土産に最適!買い方・選び方 徹底ガイド

沖縄のマンゴーは、その濃厚な甘さと香り、豊富な栄養価で夏のお土産に最適です。

美味しいマンゴーを選ぶポイントは、色鮮やかでツヤがあり、甘い香りがするものを選ぶこと。

また、表面にキズがなく、ふっくらとした弾力のあるものが食べごろです。保存方法も重要で、完熟マンゴーは冷蔵庫で3~4日以内に食べるのがベスト。

完熟前のマンゴーは常温で追熟させ、食べる直前に冷やして楽しむとさらに美味しくなります。

沖縄の直売所やファーマーズマーケットで新鮮なマンゴーを手に入れ、夏の味覚を存分に楽しみましょう!

特集

沖縄 道の駅・直売所

道の駅・直売所 特集!

沖縄の道の駅や直売所は非常に人気が高い観光スポットとなっています。それぞれに特色があるので、 行く価値200%です!ぜひ遊びに行ってください

沖縄ビーチ

沖縄本島ビーチ特集!

沖縄本島には南国ならではの素敵なビーチがたくさんあります。超穴場からサービスの行き届いたエグゼクティブなビーチまでそれぞれわかりやすくご紹介

台風の沖縄

台風の沖縄

旅前や旅中で台風が接近した時に慌てずに対応できるよう、台風接近時に押さえておくポイントをまとめました。ぜひご活用ください。