沖縄電磁波技術センターとは?最先端技術と自然の調和を体感しよう!

ブックマークやお気に入りに保存して沖縄旅行を楽しんでください

沖縄電磁波技術センターは、沖縄県恩納村に位置する最先端の研究施設です。

電波や光を使ったセンサー技術の研究・開発を行いながら、地球温暖化や気候変動のメカニズムを解明するための大気・海洋観測も実施しています。

沖縄の美しい自然と最新技術が融合するこのセンターは、一般の観光客にも開放されており、家族連れや科学好きの方々におすすめのスポットです。

沖縄電磁波技術センターとは

沖縄電磁波技術センターは、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が運営する施設で、電波や光を利用した最先端のセンサー技術の研究を行っています。具体的には、フェーズドアレイレーダ・ライダー融合システムや空間光通信設備を使用して、地球規模の気候変動を詳しく観測・分析しています。

このセンターの目的は、地球温暖化や気候変動の原因を解明し、将来の気象予測や環境保護に役立てることです。併設の展示室では、これらの研究成果や技術をわかりやすく紹介しており、訪れる人々は沖縄の自然の魅力とともに、科学の最前線に触れることができます。

沖縄電磁波技術センター展示室の見どころ

沖縄電磁波技術センター展示室は、科学技術と自然環境の調和を体感できる場所です。

地球温暖化や気候変動に関する最新の研究成果や、沖縄の自然環境の美しさを学ぶことができます。以下は、展示室の見どころです。

1. フェーズドアレイレーダ・ライダー融合システム

このシステムは、局地的大雨(ゲリラ豪雨)や竜巻などの気象災害を早期に検知するための技術です。

従来のレーダでは対応できなかった迅速な降水雲の3次元構造の把握が可能になっています。フェーズドアレイ技術を採用し、観測の時間分解能を飛躍的に向上させています。

2. 空間光通信設備

この設備は、高速通信を可能にする宇宙光通信に使用される光学望遠鏡です。有効開口径1mの反射型望遠鏡で、高速かつ高精度に低軌道衛星を追尾する能力を持っています。

多焦点の観測ができるため、様々な用途に対応しています。

3. 地上気象観測システム

沖縄センター(恩納村)に設置されたこのシステムは、温度、湿度、気圧、風向、風速、日射量、降雨量などの地上気象要素を連続して観測しています。これらのデータは、リモートセンシング研究に活用されています。

4. 台風の仕組みと影響

展示室では、台風の構造やその影響について詳しく学ぶことができます。気象衛星「ひまわり」で観測された台風の画像や、台風の内部構造を模型で展示しており、台風がどのように形成されるのか、その影響がどのように広がるのかを理解できます。

5. 亜熱帯気候が生んだ沖縄の文化と自然

沖縄の亜熱帯気候が育んだ豊かな自然環境と文化を紹介する展示です。サンゴ礁やマングローブなどの自然景観、台風に備える知恵としての赤瓦の家など、沖縄の風土と文化に触れることができます。

6. 合成開口レーダ(SAR)

航空機や人工衛星に搭載して地上の様子を捉えるレーダです。光を使ったカメラと異なり、雲があっても鮮明な画像を得ることができ、災害時の状況把握などに利用されています。

7. ドップラーライダー

このライダーは、雨が降り始める前の風の状態を計測するために設置されています。大気中の粒子にレーザー光を送信し、戻ってきた光の周波数変化から風の方向と速度を測定します。

8. 電波の基本と応用

電波の性質や仕組みを学ぶコーナーです。電波がどのように空間を伝わるのか、送信と受信のメカニズム、電波の利用例などを体験できる展示があります。

沖縄電磁波技術センターは何をしているところなの?

沖縄電磁波技術センターは、地球温暖化や気候変動の解明に取り組む最先端の研究施設です。以下は、センターの主な活動内容です。

1. 大気・海洋観測

センターでは、電波や光を使ったセンサーを開発し、亜熱帯海洋性気候帯を中心とした大気・海洋の観測を行っています。これにより、地球規模の気候変動のメカニズムを解明することを目指しています。

2. 気象災害の早期検知

フェーズドアレイレーダ・ライダー融合システムを用いて、局地的大雨や竜巻などの突発的な気象災害を早期に検知する技術を研究しています。これにより、災害の予防と対策に貢献しています。

3. 高速通信技術の研究

宇宙光通信設備を用いて、高速かつ高精度な通信技術の研究を行っています。これは、将来的な宇宙通信の発展に寄与する技術です。

4. リモートセンシング技術の開発

リモートセンシングとは、遠隔から地球の大気や海洋の動きを観測する技術です。センターでは、この技術を用いて地球環境を詳細に観測し、気候変動の予測や対策に役立てています。

沖縄電磁波技術センターは、科学技術と自然環境の調和を追求し、地球の未来を見守るための研究を行う施設です。

最新技術の紹介や沖縄の豊かな自然に触れることができる展示室は、訪れる人々にとって学びと発見の場となっています。

沖縄電磁波技術センターの歴史

沖縄電磁波技術センターは、地球温暖化や気候変動のメカニズムを解明するために設立されました。平成26年3月には、フェーズドアレイレーダ・ライダー融合システムおよび空間光通信施設が完成し、最先端の研究設備が整いました。このセンターは、沖縄の亜熱帯海洋性気候を利用した研究を行う拠点として、日々研究を進めています。

併設の展示室は、最新の地球環境観測技術や沖縄の魅力を広く一般に紹介する場として、地元の人々や観光客に親しまれています。年に一度のオープンハウスでは、研究施設の見学や体験コーナーが設けられ、電波やレーダ技術の理解を深めるイベントが開催されています。

沖縄電磁波技術センターの基本情報

名称沖縄電磁波技術センター
所在地〒904-0411 沖縄県国頭郡恩納村字恩納4484
電話番号098-982-3705 (平日9:00~17:00)
FAX番号098-982-3741
開館時間10:00~16:30
展示室休館日年末年始
アクセス那覇空港より車で約100分、屋嘉ICから約7km
駐車場無料駐車場有(一般車両、バス可)
施設内容フェーズドアレイレーダ・ライダー融合システム、空間光通信設備、地上気象観測システム、展示室
見学案内バーチャル展示室、団体見学は事前予約制
観光名所近くに景勝地「万座毛」

沖縄電磁波技術センターのまとめ

沖縄電磁波技術センターは、沖縄県恩納村に位置する最先端の研究施設で、電波や光を使った観測技術を駆使し、地球環境の変動や気象現象を研究しています。展示室では、一般の来館者に対してこれらの最新技術や研究成果をわかりやすく紹介しています。

展示室の見どころには、フェーズドアレイレーダ・ライダー融合システムや空間光通信設備などがあり、これらの技術を使った気象観測の仕組みや成果を実際に見ることができます。また、沖縄特有の亜熱帯気候とその影響を受けた自然環境についても学ぶことができます。

年に一度、11月にはオープンハウスが開催され、一般公開のほか、体験・工作コーナー、レーダ鉄塔の見学など、特別なイベントも楽しめます。家族連れや科学に興味のある方にとって、見どころ満載のスポットです。

特集

沖縄 道の駅・直売所

道の駅・直売所 特集!

沖縄の道の駅や直売所は非常に人気が高い観光スポットとなっています。それぞれに特色があるので、 行く価値200%です!ぜひ遊びに行ってください

沖縄ビーチ

沖縄本島ビーチ特集!

沖縄本島には南国ならではの素敵なビーチがたくさんあります。超穴場からサービスの行き届いたエグゼクティブなビーチまでそれぞれわかりやすくご紹介

台風の沖縄

台風の沖縄

旅前や旅中で台風が接近した時に慌てずに対応できるよう、台風接近時に押さえておくポイントをまとめました。ぜひご活用ください。