旅する沖縄7月の過ごし方ガイド(気候、服装、旬の物)旅行前に知っておきたいこと!

ブックマークやお気に入りに保存して沖縄旅行を楽しんでください

沖縄地方は6月が終わり、7月に入るとすでに常夏!トップシーズンに突入します。

思いっきり沖縄で遊ぶ時期の始まりです!7月の沖縄は、気温が高く、日照時間も長く、様々なアクティビティを楽しむのに最適な季節です。

しかし、沖縄の夏を最大限に楽しむためには、気候や服装、旬の食べ物について事前に知っておくことが重要です。

このガイドでは、7月の沖縄旅行を計画している方々に向けて、気候や服装、台風への備え、そして沖縄ならではの楽しみ方について詳しく解説します。

さらに、航空券やホテルの相場情報もお届けしますので、計画的にお得な旅行を楽しむための参考にしてください。それでは、沖縄の夏を思い切り満喫するための情報を見ていきましょう!

沖縄のアクティビティ・遊び・体験・レジャーはこちら!

シュノーケリング

青の洞窟シュノーケル

小さなお子様やご年配の方、泳ぎが苦手な方でも経験、豊富なスタッフがしっかりサポート、安心してご参加いただけます!

体験ダイビング

体験ダイビング

経験豊富なスタッフとボート貸切で青の洞窟ツアーに行きませんか?別世界を体験するチャンス!

パラセーリング

海で飛んでください

お子様や高所が苦手な方の緊張も和らげます。
パラセーリング専用ボートに乗り、ライフジャケットとハーネスを装着したら船上から飛び立つだけ!

7月の気候と服装

7月の沖縄は、梅雨が明け、本格的な夏の到来です。降水量が少なく、晴天が続く日が多いこの時期は、観光にも最適です。

平均気温は約29.1℃で、最高気温は31.9℃に達します。また、湿度が高く、亜熱帯気候特有の蒸し暑さを感じることもあります。

平均気温 29.1℃
最高気温 31.9℃
最低気温 27.0℃
平均湿度 78%
降水量 150mm

日の入りなど

7月の日の出と日の入りの時刻は以下の通りです。日照時間が長く、朝から晩まで沖縄をたっぷり楽しむことができます。

日の出 5:49
日の入り 19:23

海水の温度

7月の海水温度は平均で約29.0℃です。この温度は快適に海水浴やマリンスポーツを楽しむのに最適で、この時期の海は透明度も高く、美しい景色を堪能できます。

海水温度 29.0℃

日照時間や雨の心配

日照時間が長いため、さまざまなアクティビティに最適な時期です。

しかし、午後にスコールが発生することもあるので、折りたたみ傘やレインコートを持参することをお勧めします。

平均日照時間 10.5時間
降水確率 20-30%

体感気候とおすすめの服装

蒸し暑い7月の沖縄では、通気性の良い薄手の服装が最適です。

男性の服装 女性の服装 子どもの服装
Tシャツやポロシャツ
ショートパンツ
サンダル
紫外線対策として帽子やサングラス
ノースリーブや軽めのトップス
ショートパンツやスカート
サンダルやビーチサンダル
UVカットのカーディガンや帽子
通気性の良いTシャツ
ショートパンツ
帽子とサングラス
日焼け止めを忘れずに

旅行中の台風の備え

7月の後半になると台風シーズンが始まります。特に、7月から10月にかけて台風の発生が多くなります。

そのため、台風シーズンを避けて旅行を計画するのは難しいかもしれませんが、事前に対策をしておくことで安全に旅行を楽しむことができます。

こちらの図は2010年から2023年までに沖縄地方に接近した台風の数になります。

旅前・旅中での台風対策はこちらの記事をご覧ください!

台風の沖縄

7月の沖縄を楽しむコツ

屋外アクティビティ: 晴れた日の選択肢

沖縄の7月は晴天が多く、様々な屋外アクティビティを楽しむのに最適です。

真栄田岬の青の洞窟

恩納村にある真栄田岬の青の洞窟は、洞窟内に差し込む光が青く輝く幻想的なスポットです。シュノーケリングやダイビングで洞窟探検を楽しめます。初心者向けのツアーも多く、家族連れにもおすすめです。

万座毛

万座毛は、高さ20mの断崖絶壁から望む絶景が楽しめます。青い海と緑の芝生のコントラストが美しく、ピクニックや散策に最適です。写真映えするスポットとしても人気があります。

万座毛

サンセットビーチ

北谷町にあるサンセットビーチは、美しい夕日が楽しめる場所として有名です。夕方には海辺でゆったりと過ごし、サンセットを眺めるのが最高のひとときです。ビーチバーベキューを楽しむこともできます。

屋内アクティビティ: 雨の日の楽しみ方

雨の日でも沖縄旅行を楽しむ方法はたくさんあります。

沖縄美ら海水族館

沖縄美ら海水族館は、世界最大級の水槽でジンベエザメやマンタを間近で観察できる施設です。大迫力の展示と、沖縄の海の生態系を学べる展示が充実しています。特に人気なのが「黒潮の海」水槽で、巨大なジンベエザメが優雅に泳ぐ姿は圧巻です。

沖縄県立博物館・美術館

沖縄県立博物館・美術館は、沖縄の歴史や文化、芸術に触れることができる場所です。常設展では、沖縄の自然史や民俗学を展示しており、特別展では様々なアート作品を鑑賞できます。家族での訪問にも適しています。

雨の日でも楽しめる本島35のおすすめスポットを紹介しています。

ショッピング

ここでしか買うことができないお土産や沖縄ならではのものがたくさんあります。

国際通り

国際通りは、那覇市の中心にある繁華街で、多くのショップやレストランが立ち並びます。お土産や沖縄グルメを楽しむのに最適です。また、伝統工芸品や雑貨も豊富に揃っています。

美浜アメリカンビレッジ

美浜アメリカンビレッジは、北谷町にあるリゾートタウンで、アメリカ風のカラフルな建物が特徴です。おしゃれなカフェやレストラン、ショッピングモールがあり、雨の日でも楽しく過ごせます。夜にはイルミネーションも楽しめます。

イオンライカム

イオンモール沖縄ライカムは、那覇空港から車で約40分の距離にある大規模なショッピングモールです。地元特産品や工芸品が豊富に揃い、観光客にとってお土産購入や休憩に最適な場所です。大きな水槽や定期的なイベントもあり、ショッピング以上の楽しみが広がります。

サンエーパルコシティ

サンエーパルコシティは、浦添市にある大型ショッピングモールで、東シナ海の絶景が一望できるフードコートやレストランが魅力です。天気の良い日は特にサンセットの眺めは格別で、評価が高く(4.2/4891件)、沖縄の特産品やシーサーのお土産を購入するのに最適な観光スポットです。雨の日でも楽しめ、多くの店舗や食事処があり、周辺には他の観光スポットも豊富です。

サンセットは19時半ごろ西海岸へ

19時半ごろ、西海岸のサンセットビーチや美浜アメリカンビレッジは、美しい夕日を楽しむのに最適なスポットです。これらの場所は、観光客や地元の人々に人気があり、夕日が沈む瞬間を多くの人々と一緒に楽しむことができます。

夕日は西の方角に沈むため、沖縄の西海岸はサンセット観賞に最適です。

特に夏の時期は、日が長くなり、19時から19時半ごろが夕日を楽しむピークタイムとなります。

7月の沖縄 ビーチを選ぶコツ

沖縄にはさまざまなビーチがあり、それぞれ異なる魅力があります。どのビーチを選ぶかは、旅行の目的や好みによって異なります。以下に、いくつかのビーチのタイプとその特徴を紹介します。

人工ビーチ

  • 設備充実: クラゲネット、浮き輪の貸し出し、ライフセーバー、トイレ、シャワーなどが完備されているため、ファミリー層やカップルに最適です。
  • アクセス: 多くの人工ビーチはホテル内にあり、入場料や駐車場料金がかかることが多いです。

天然ビーチ

  • 自然の美しさ: 人が少なく、自然の美しさをそのまま楽しめるビーチです。プライベート感があり、貸切状態を楽しめることもあります。
  • 設備不足: ライフセーバー、トイレ、シャワーなどがないことが多いため、注意が必要です。駐車場がない場合もあります。

市民海水浴場

  • 安全性: ライフセーバー、クラゲネット、トイレ、シャワーが完備されており、地元の人々が利用する安心感のあるビーチです。
  • 無料または低料金: 入場料が無料または低料金で、コストパフォーマンスが高いです。

都市型ビーチ

  • 利便性: 都市近郊にあり、アクセスが良い。周辺にはレストランやショップも多く、便利です。
  • 夕日が美しい: サンセットを楽しむのに最適で、散歩やバーベキューを楽しむことができます。

沖縄 ビーチ特集!本島33ビーチを徹底紹介!

マリーンスポーツで沖縄を満喫!

7月はマリンスポーツの最適な時期です。ダイビング、ジェットスキー、カヤックなど、多彩なアクティビティが楽しめます。

沖縄の7月は暑さ対策必須!

沖縄の7月は、気温が高く湿度も高いため、暑さ対策が非常に重要です。

日焼けや熱中症を防ぐための具体的な対策を以下に詳しく紹介します。

日焼け止め

沖縄の日差しは非常に強く、短時間の外出でも日焼けする可能性があります。以下のポイントを参考にして、しっかりと対策をしましょう。

  • SPF50以上のものを使用: 日焼け止めは、UVBから肌を守るSPF値が高いものを選びましょう。SPF50以上のものがおすすめです。
  • こまめに塗り直す: 汗や海水で落ちやすいため、2〜3時間ごとに塗り直すことが重要です。特に海やプールで遊んだ後は必ず塗り直してください。
  • 顔と体に適した製品を使う: 顔には顔専用の日焼け止めを使い、体には広範囲に塗りやすいスプレータイプやローションタイプを使用しましょう。

帽子やサングラス

直射日光を避けるために、帽子やサングラスの使用も効果的です。

  • 帽子: つばの広い帽子を選ぶと、顔や首をしっかりと日差しから守ることができます。通気性の良い素材の帽子を選ぶと、蒸れにくく快適です。
  • サングラス: 紫外線カット機能のあるサングラスを使用しましょう。目を紫外線から守るだけでなく、眩しさを軽減し、快適に過ごせます。

こまめな水分補給

沖縄の暑さと湿度は、体内の水分を奪いやすいため、こまめな水分補給が不可欠です。

  • 水分補給のタイミング: 喉が渇く前に、定期的に水分を摂取することが重要です。特に屋外での活動時は、30分ごとに少量ずつ飲むよう心がけましょう。
  • 飲み物の選び方: 水やスポーツドリンクがおすすめです。スポーツドリンクは、汗で失われた電解質も補給できるため、熱中症予防に効果的です。

旅行で使える暑さ対策アイテム

旅行中に便利な暑さ対策アイテムを紹介します。これらのアイテムを活用して、快適に過ごしましょう。

携帯扇風機

携帯できる折りたたみ扇風機は、屋外や移動中に非常に役立ちます。

ハンディ扇風機: 短時間の外出に最適で、コンパクトで持ち運びが簡単です。

ネックファン: 長時間の屋外活動に適しており、首にかけてハンズフリーで涼しさを提供します。

冷却スカーフ

ビッグウィング「しろくまのきもちサマースカーフ」: 吸水性ポリマーシートを使用し、水に30秒ほど浸すと冷却効果が得られます。安全機能も備わっており、窒息の心配がありません。

白元アース「アイスノン ネッククール ループ」: 長時間使用可能なリバーシブルの冷却スカーフです。

created by Rinker
アイスノン
¥2,580 (2024/07/17 03:28:30時点 Amazon調べ-詳細)

冷却シートとスプレー

白元アース「アイスノン 冷却シート」: 10時間持続する冷却効果があり、メントールが配合されているため爽快感があります。暑い日や寝苦しい夜に便利です。

created by Rinker
アイスノン
¥524 (2024/07/17 05:12:30時点 Amazon調べ-詳細)

「ひんやりシャツシャワー レベルMAX」: 衣類にスプレーすることで、蒸発とメントールの効果で30分から1時間の冷却効果が得られます。消臭・抗菌効果もあります。

created by Rinker
ひんやりシャツシャワー
¥1,595 (2024/07/17 00:28:27時点 Amazon調べ-詳細)

体を冷やす製品

白元アース「アイスノン 極冷感 ボディシート」: 大判で厚手のシートが汗を拭き取り、メントールの高い冷却感を提供します。

created by Rinker
ノーブランド品
¥1,720 (2024/07/17 00:28:28時点 Amazon調べ-詳細)

7月の主な沖縄のイベント情報

7月は夏祭りや花火大会が各地で開催されます。地元の文化や伝統に触れる良い機会です。

イベント名 開催日時 開催場所 内容
キャンプ・フォスターフェスティバル 2024年7月6日(土)・7日(日) 米海兵隊基地キャンプ・フォスター(北谷町) 音楽ライブやアメリカンフードの出店など
ピースフルラブロックフェス 2024年7月13日(土) ミュージックタウン音市場 1983年から行われている音楽イベント。県内外からさまざまなアーティストが出演
かでな社交業ビアフェスタ 2024年7月26日(金) 嘉手納ロータリー広場(嘉手納町) 新鮮なオリオンビールが直送され、カラオケ大会やライブが行われる
真志喜大綱引き 例年7月下旬ごろ 真志喜中学校運動場(宜野湾市) 綱引きのイベント。地域社会の繁栄と安全、子孫繁栄祈願が目的
海洋博公園サマーフェスティバル 2024年7月13日(土) 海洋博公園 エメラルドビーチ及び御成婚記念の森※エメラルドビーチ内は、入場制限を行う予定です。 県内最大級の約10,000発の花火が打ち上げられ、沖縄初のイルミネーション玉も見どころ
名護夏まつり「第43回名護夏まつり~青空市とビールまつり~」 2024年7月27日(土)・28日(日) 名護漁港構内 最大1尺玉の新作花火やスターマインが打ち上げられる予定です。例年の人出は約6万人、打ち上げ数は約1000発、打ち上げ時間は約15分です。

7月沖縄の旬なくだもの

マンゴー

沖縄では南部の地域や恩納村、宜野座村が特に有名です。

これらの地域では、特にアップルマンゴー(アーウィン種)が栽培されており、濃厚な甘みとわずかな酸味が特徴です。7月中旬が最盛期で、この時期には最も美味しいマンゴーを味わうことができます。マンゴーはそのまま食べるのはもちろん、パフェやプリンなどのデザートとしても人気です。

パイナップル

パイナップルは東村が有名です。東村では新鮮で甘みの強いパイナップルが多く栽培されています。

7月はパイナップルの収穫期で、この時期に採れたパイナップルは特にジューシーで、酸味が少なく爽やかな甘さが特徴です。地元のフルーツカフェでは、パイナップルを使ったパフェやトロピカルミックスジュースを楽しむことができ、訪れる価値があります。

スイカ

スイカは今帰仁村が名産地として知られています。沖縄のスイカは夏の代表的な果物で、特に甘くてみずみずしいのが特徴です。

7月はスイカの最盛期で、この時期に味わうスイカは一段と美味しいです。冷やしてそのまま食べるのが一番おいしいですが、スイカジュースとしてもさっぱりとした味わいを楽しむことができます。

ドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツは、沖縄では月の満ち欠けに合わせて花が咲き、収穫されます。

7月から11月にかけて旬を迎え、赤と白の果肉があります。さっぱりとした甘みが特徴で、冷やしてそのまま食べるのが一般的です。さらに、サラダやスムージーの材料としても使われ、見た目の美しさとともに味わいを楽しむことができます。

このように7月から秋にかけて、沖縄では多くのフルーツが全盛期を迎えます。新鮮なトロピカルフルーツを楽しむには、購入方法にもこだわると良いでしょう。

フルーツの購入や宅配については、大手通販会社よりも、道の駅や直売所の通販サイト、または直接取り寄せる方法が推奨されます。これらの方法を利用することで、鮮度が高く、価格も比較的手頃に抑えられることが多いです。

道の駅や直売所は、地元の農家さんから直接仕入れているため、安心・安全な商品が提供されています。また、農家の方々が丹精込めて育てたフルーツを直接購入することで、地元の経済にも貢献することができます。

沖縄の直売所で最も有名な「おんなの駅なかゆくい市場」の詳細はこちらです

7月の航空券の相場

航空券の価格

7月は沖縄への旅行のトップシーズンです。

この時期は、多くの観光客が訪れるため、航空券の価格も通常より高く設定されます。

具体的には、7月の航空券の相場は平均的に75,000円から85,000円程度です。

しかし、いくつかのポイントを押さえることで、これらの価格を抑えることが可能です。以下に、その詳細と方法について解説します。

価格を抑えるためのポイント

早めの予約

早めに航空券を予約することは、価格を抑えるための基本的な戦略です。具体的には、3か月前からの予約が推奨されます。以下に、早めの予約が有効な理由を説明します。

  • 割引率が高い: 航空会社は早期予約者に対して割引料金を提供することが多いです。これは、空席を早期に埋めたいという航空会社の戦略に基づいています。
  • 選択肢が広がる: 早めに予約することで、便の選択肢が多くなります。特に直行便や好ましい時間帯のフライトを確保するためには、早期予約が重要です。
  • 価格変動の回避: 航空券の価格は需要と供給に応じて変動します。トップシーズンに近づくにつれ、価格は上昇する傾向があるため、早めに購入することで価格変動の影響を避けることができます。

平日出発

土日に出発するよりも、平日に出発する方が航空券の価格が安くなる傾向があります。これは、以下の理由によるものです。

  • 需要の違い: 土日や祝日は休暇を取る人が多く、フライトの需要が高まります。そのため、航空会社はこれらの時期に価格を引き上げる傾向があります。一方、平日は需要が比較的低いため、価格も安く設定されます。
  • ビジネス需要: 平日はビジネス目的の旅行者が多いため、早朝や夕方のフライトは混雑しますが、昼間のフライトは比較的空いていることが多いです。これを利用して、昼間の便を選ぶと価格を抑えることができます。

比較サイトを利用

複数の航空会社の価格を比較することで、最もお得な航空券を見つけることができます。以下に、比較サイトを利用する利点と方法を解説します。

  • 一括検索: 比較サイトは複数の航空会社の価格を一括で検索できるため、時間と手間を節約できます。
  • 価格比較: 各航空会社の価格やサービス内容を比較し、自分に合ったフライトを選ぶことができます。例えば、Skyscanner、Expedia、Kayakなどのサイトを利用すると良いでしょう。
  • セール情報の通知: 比較サイトでは、セール情報や価格変動の通知機能を利用することで、価格が下がったタイミングで航空券を購入することができます。

航空券の比較サイトを使うと一発でその日の最安航空券がわかります。エアトリで検索して見てください

7月のホテル相場

ホテルの相場感

7月のホテル料金も高めになります。

1泊あたりの料金は、平均で15,000円から30,000円程度です。

リゾートホテルや高級ホテルはさらに高くなります。

予約のコツと節約術

  • 早めの予約:特に人気のホテルは早く埋まるため、早めの予約が重要です。
  • 比較サイトを利用:価格比較サイトを利用してお得なプランを見つける。
  • オフシーズンの特典:夏休み前や平日を狙うことで、割引料金を利用できます。

格安でホテルに泊まるには、トリップドットコムがおすすめです





沖縄のアクティビティ・遊び・体験・レジャーはこちら!

バナナボート

遊び放題プラン!

完全貸切!!
カップル、家族、仲間同士だけでマリンスポーツを1時間単位で自由に遊べるプランですよ~!!
なんと貸切で何名様でもOK!

カヤック

カヤックで探検

沖縄のマングローブ群生地をカヤックに乗って探検に出発!マングローブカヤックツアーは、
国内はもちろん沖縄でも希少なマングローブ群生地、魅力のネイチャーツアー

サップ(SUP)

プレミアム

絶景隠れスポットのザネー浜と、本部町の沖縄の北部No.1ポイントのゴリラチョップで二つのプランから選べるサップ体験!沖縄を満喫するならこれしかない!

まとめ

7月の沖縄は常夏のトップシーズンで、多くの観光客が訪れる魅力的な季節です。気候や服装、旬の果物についての知識を事前に持っておくことで、より快適に過ごすことができます。

晴れた日にはダイビングやビーチでのんびりとした時間を、雨の日には水族館やショッピングを楽しむことができます。暑さ対策や台風への備えも忘れずに行いましょう。

さらに、航空券やホテルの相場をチェックして、早めに予約することでお得に旅行を楽しむことができます。

沖縄の美しい自然と豊かな文化を存分に堪能し、素晴らしい夏の思い出を作りましょう!

特集

沖縄 道の駅・直売所

道の駅・直売所 特集!

沖縄の道の駅や直売所は非常に人気が高い観光スポットとなっています。それぞれに特色があるので、 行く価値200%です!ぜひ遊びに行ってください

沖縄ビーチ

沖縄本島ビーチ特集!

沖縄本島には南国ならではの素敵なビーチがたくさんあります。超穴場からサービスの行き届いたエグゼクティブなビーチまでそれぞれわかりやすくご紹介

台風の沖縄

台風の沖縄

旅前や旅中で台風が接近した時に慌てずに対応できるよう、台風接近時に押さえておくポイントをまとめました。ぜひご活用ください。

沖縄 ビーチ特集!本島33ビーチを徹底紹介!